2016年12月19日

30.冬の親子遠足〜東吾野で学ぼう〜

冬の遠足を東吾野で行いました。活動は、内容盛りだくさんで東吾野の山を散策し、木のコマやクリスマスリースを作り、その後お昼を食べて味噌づくりを体験しました。
今回は、木楽里の井上さんと、ときめ木の栗原さん、たいら栗園の方々にご協力頂きました。
まず、井上さんと一緒に山を散策しました。所々で井上さんがお話して下さる、植物の話、山の手入れの話、自分のおじいさんが植えた木の話。色々なことに触れながら山を散策しました。山最後のクライマックスは橋渡り、みんな無事渡りきり、顔が誇らしげでした。
DSC_1301.jpg  DSC_1307.jpg
DSC_1314.jpg  DSC_1326.jpg
DSC_1330.jpg

その後、木楽里の工房にて丸太を輪切りして木のコマを作りました。空いている時間で、山で採ってきたツルでリースの形を作り、山で集めたものを飾り付けしていきましたね。
素晴らしいリースや木のコマができたと思います。
最後に井上さんから、山を守るのはみんなが本物の木を使うことが大切というお話を頂きました。くらしの中に本物の木に触れられるように心掛けていきたいと、子ども達の中にも響くものがあったと思います。
DSC_1348.jpg  DSC_1355.jpg
DSC_1356.jpg  DSC_1357.jpg
DSC_1372.jpg  DSC_1375.jpg

木楽里さんを後にして、かたくりの郷にそこで味噌煮込みうどんを頂きました。小学生の給食当番さんたちに働いてもらい、ユズやカマボコ、ネギのトッピングなどをしてもらいましたね。とってもおいしくてみんなで全部食べてしまいましたね。
DSC_1385.jpg  DSC_1400.jpg

お昼のあとは、栗原さんから味噌についてのお話を頂きました。作り方や材料などを直接見せてくれ、そして味噌の原料の大豆を煮たものを食べさせてくださいました。煮ただけなのに甘くしっかりとした味でしたね。
DSC_1389.jpg

エプロンやマスク・三角巾を付けたら調理室へ、そこですりつぶした大豆と米麹を混ぜたものを団子状にまとめ空気を抜くように樽の中にたたきつけるお仕事をみんなで体験しました。空気を抜く仕事などみんな一生懸命行っていましたね。
本日作った味噌は、夏までじっくりと寝かせます。夏以降にみんなに届けられると思いますので、お楽しみに!
DSC_1414.jpg  DSC_1420.jpg
DSC_1427.jpg

最後に、ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。
DSC_1442.jpg

今回のあおぞらノートは、小学生クラスのヒカリちゃんとてんしんくん。味噌づくりや山登りの絵が上手にかけていてそれぞれに響いたことがあったようで良かったです!
DSC_1447.jpg  DSC_1448.jpg

次回のあおぞらは、21水にカフェぬくぬくさんに協力して頂き、プロと一緒にクリスマスケーキを作ります!

posted by ジュン! at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | H28年度
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178092981
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック