2018年07月26日

12.お茶摘みとお茶づくりのそら!

今回は夏の遠足ということで、茶畑に行ってお茶を摘みそして狭山茶を作る活動を、学童と共に行いました。
まずは、園バスに乗って芦苅場にある小政園さんの茶畑に遊びに行きました。
着いてまず小政園の小谷野さんと、埼玉県茶業研究所の小川さんの紹介をさせて頂きました。
きれいな緑色が付いているお茶畑に入れてもらいましたね。そこで摘み方を小谷野さんから説明してもらいました。
一芯二葉ということで葉っぱが3枚ある状態のものを手で摘むということです。みんな黙々とたくさんの茶葉を摘んでくれましたね。摘みながら「お茶のにおいがするー」と話している子がいたりと中々できない体験ができましたね。
DSC_5524.jpg  DSC_5535.jpg
DSC_5537.jpg  DSC_5558.jpg

次は、工場の見学もさせて頂きました。工場には大きな機会がたくさんあり、お茶作りの工程を機械で行うことをみましたね。そしてお話の中で、忙しいときは朝7時〜夜中の12時まで休みもなくお茶作りをするという話にみんな「すごいー」という声が聞かれましたね。
DSC_5559.jpg

最後に、小谷野さんのお母さんが冷茶をみんなに煎れてくれました。暑かったのでとってもおいしかったですね!

そして、園に戻り今度は小川さんから、摘んできた茶葉をどうやってお茶葉にするのかという説明をしてもらいました。蒸し器で蒸して、そしてそれを手と手でもんでいく。そしてまた火をいれてもんで。を繰り返すということでした。早速、みんなで頑張りました!やっているとお茶のいい香りがしたり、手の感触がとても心地よかったり楽しかったですね!
DSC_5561.jpg  DSC_5577.jpg
DSC_5578.jpg

最後の完成は、みんなが家に持って帰って行ってもらうということで、我が家でもやってみました!まろやかな甘味、かつ爽やかな味になりととってもおいしかったです!!!
DSC_5592.jpg  DSC_5589.jpg

お茶にぴったりの島田さん手作りの甘酒まんじゅうと小政園のお茶のお土産がもらえましたね。
お忙しいところ、小谷野さん・小川さんありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます!!

次回は、8/8水にシャーベットを作ります!お楽しみに!
posted by ジュン! at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | H30年度

2018年07月12日

11.イワシの手開きのそら!

今回は、この梅雨時期においしくなるイワシを手開きして、みんなでつみれ汁にして食べました。
まずは、イワシを観察です。どこに目がついているのか、手びれはどこか、口の中はどうなっているのか、また手で触ってみて鱗や感触も確かめましたね。
DSC_5462.jpg

次にイワシを手開きします。苦手な子はみないようにということで、やりたい子代表で手開きをしました。
内臓・骨を取ることでみるみる、お刺身に変わっていくことで子ども達の反応にも変化がありました。

P7111870.jpg

身になったものをショウガと、味噌・片栗粉と一緒に包丁でたたきつみれにしていきます。
つみれになったものは、コンブダシの中にスプーンで落としていきつみれ汁の出来上がりです!!
DSC_5466.jpg  DSC_5470.jpg
DSC_5472.jpg

普段何気なく食べている魚も、誰かが下処理をしてることに気づける機会になったかと思います。
是非ご家庭でもチャレンジしてみて下さい。
DSC_5468.jpg

来週はお休みです。次回は7月25日(水)15:00〜17:00お茶摘みからのお茶作りをします!お楽しみに!

posted by ジュン! at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | H30年度

2018年07月05日

10.ハッシュドポテトとキュウリの塩もみ作りのそら!

今回はたくさんクッキングをしました!
まず、畑で採れた大きくなったうらなりのキュウリを皮をむいて、タネをだしてスライサーで薄くして塩もみをしました。
DSC_5425.jpg DSC_5431.jpg

次に、畑でとれたジャガイモをこれまたスライサーで薄くしたものを、包丁で細く切っていきバターを敷いたフライパンの上に並べしっかりと焼いていきます。ジャガイモのデンプンの力でジャガイモ同士がくっつき、外はカリカリ、中はしっとりのハッシュドポテトの出来上がりです!!
DSC_5432.jpg

みんなでおいしく食べましたね。来週は、今が旬の入梅イワシを使った手開きをしてつみれ汁を作って食べます!!
DSC_5437.jpg
posted by ジュン! at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | H30年度